身内だけでおこなう葬儀が人気なのは故人の配慮

subpage1

葬儀というと多くの参列者が来ることで故人が喜ぶと考えられていて盛大におこなうところが多かったのですが、式を執り行う残された家族の大変さを考えると自分はそこまでおこなわなくてもいいと考える高齢者も多くなっています。
そのため、終活という言葉も一般的に認知されてきています。



終活は自分の葬儀の内容について、自分が生きている間に予め決めておくこと、そして葬式代金も予め支払いをおこなっておき、万が一のことがあった場合には残された家族が大変な思いをしたり、また急な支出をさせないように準備している高齢者が多くなっています。

自分の死後のことを語るのはタブーなことと思われがちですが、終活という言葉が定着してからはごく普通のこととして考えられています。

そしてこのような準備の内容を高齢者が家族と生前中に話し合いを持つことができ、死んでから印鑑はどこにあるのか、通帳はどこにあるのかといった問題もなくなります。そして式自体も盛大におこなうよりも近親者だけでおこなったり身内だけでおこなうといった家族葬が人気になっています。

いくら葬儀内容を予め決めていても、また葬儀代金を支払っていたとしても、実際の式で受付をしたり参列者の応対をしたりすること自体が残された家族の負担になります。



そのようなことを考えると、家族だけでおこなった方が余計な負担を家族にかけることもなくなります。



そのようなことから身内だけでおこなう葬儀が人気になっています。

サポート情報

subpage2

人が亡くなってこの世とお別れをするあるいは残された人たちの気持ちをきちんと整理するのに必ず必要なのが葬儀です。基本的に仮通夜、通夜、告別式、火葬場、四十九日、納骨など宗派にもよりますが、いろいろと儀式があるものです。...

more

生活入門!

subpage3

人が亡くなり、葬儀に出席する際に気を付けたいのが服装です。葬儀の方法によっては平服でどうぞという事もありますが、ほとんど場合はきちんとした格好で参列するのが故人や遺族に対する礼儀です。...

more

身に付けよう

subpage4

死者を弔うための儀式のことを、葬儀と言い、「通夜」や「お葬式」、「告別式」などの儀式を差します。儀式を執り行う宗教によっては、「ミサ」や「礼拝」、「埋葬式」のように呼ばれることもあります。...

more

知っておきたい情報

subpage5

最近の葬儀は、多種多様となっています。種類としては古くから多く執り行われていた一般葬、近年多く執り行われるようになった家族葬、簡便で費用が安価な直葬などがあります。...

more