私たちは日頃見かけることはないポンプですが、いろいろな場所で活躍をしています。


ポンプが動かなくなってしまったり故障してしまうと、水が出なくなります。


水が出ないという状況は、生活をする上でかなり困ってしまう緊急事態ですよね。

ポンプ交換の情報をご説明します。

ポンプが故障する前は、何かしらの異変があります。

この異変に気が付いたら、すぐに調べてポンプ交換をしましょう。
では、どのような異変があるのでしょうか。


原因不明でブレーカーが落ちたり、水を出すたびに異音が聞こえたり響いてきたら故障の手前だと思っていいでしょう。



水が温かい場合も怪しいです。


10年以上排水ポンプを点検していない場合は、すぐに調べたほうが安心です。
特に、半地下の駐車場がある戸建ての方は、梅雨の前に点検をしておくべきです。
梅雨の長雨で水が溢れてしまうと、駐車場が冠水する恐れがあるからです。

貯水槽清掃の時に、ポンプの状態を調べておくと交換のベストなタイミングがわかるでしょう。

ポンプ交換工事や設置作業は、知識・経験・資格が必要ですので、専門業者に任せてください。


知識・経験・資格がない人が設置してしまうと、不具合を起こす可能性が高くなるからです。

All Aboutがどんなものかご存知ですか。

不具合が出てしまってからだと、専門業者にポンプの修理や交換をお願いしたときに余計に費用が掛かってしまいます。それだけでなく、不具合を起こした時に電気代が通常時よりも高くなったり、水漏れで水道代が掛かってしまうこともあります。

このようなことになる前に、しっかり点検をしてポンプ交換をしておいたほうがいいでしょう。